ダンナがコツコツと更年期障害について調べてくれている様子ですが、
ダンナにまかせっきりではいけませんので、
自分でも更年期について調べたり考えたりしてみました。


その中で気になったのが「精神的な症状」です。


全身の症状の中で、私に当てはまるのは、
倦怠感とか、筋肉の痛みなどで、
そんなに多くは当てはまらないのですが、
精神的な症状のところは「あれ?」と感じるものがあります。

それは「イライラ」

19
 
普段からイライラしがちで、
誰が悪いとか、何かがあったとかではなく、
ただ気持ちがイライラしていることが多いのです。

誰のせいでもないので、
出来るだけ人にイライラを見せないようにしていますが、
本当にイライラしていることが多く、
仕事を進めていても、普通のペースでやっているのに、
「なんでもっと早くできないんだろう?」と、
気持ちがイライラしてきます。

スケジュール的には、十分に余裕を持って出来ているのに・・・

そして、いつも不安というか、焦りを感じているような気がします。

これ・・・若い時からだったろうか?

20代、30代と思い返してみたのですが、
このイライラは、30代後半になるまでなかったと思います。

という事は、30代後半から更年期障害が始まっていたのでしょうか?


最近、倦怠感や筋肉の痛みがあったから、
更年期障害を疑い出しましたが、
もしかしたら、もっと前から始まっていたのかもしれません。



緑内障改善のサポート(無料講座)