人間の体の血行を良くしていく方法の一つに、
体を温めてから冷やすというものがあるそうです。

「サウナもそうでしょ?」←ダンナ

という事で、蒸しタオルと冷たいタオルを用意して、
目に乗せてみなさいと、ダンナに言われました。

特に、目が疲れたと感じた時に、
休憩を取って、温めてから冷やしておきなさいとのこと。

私の仕事は一日中パソコンを見る状態です。

緑内障に良いわけがありません。

でも、この仕事を辞めるわけにはいきません。

それをダンナが随分と心配してくれていたようで、
「ともかく、疲れたと思ったらやりなさい」とのことなのです。


蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジでチンすればいいので、
冷蔵庫に濡らしたタオルを冷やしておいて、
疲れた時に温めて冷やせばいいとのことです。

1ス
 
仕事でパソコン画面を夢中で見ているとき、
ふと見づらいと思うこともあり、
目が重たい感じがしたり、
目に熱がこもっているような感じがします。

そんな時に試してみたのですが、
目ってこんなに見えたんだと思うぐらい、
色が鮮明に見えるような感じになり、
重たい感じや、熱がこもった感じが消えます。

目薬よりいいかも?

しかも目の周りもスッキリして快適です!

早くやっておけば良かった・・・

目が辛いまま仕事をするより、
休憩して目を温めて冷やす時間を取った方が、
進行具合もスムーズです。



緑内障改善のサポート(無料講座)