「緑内障体質」改善マンガ絵日記

欠けた視野は戻らない・・・だけどこれ以上、進行させなければ視力は確保できる!と、闘病中♪

緑内障になったのにはわけがある!
緑内障の進行を止め、目の健康を取り戻す生活を実践中です。
「仕事」「免許」「生活」も諦めません!

緑内障改善のサポート(無料講座)
進行を止める!失明を防ぐための「緑内障の秘密」

にほんブログ村【白内障・緑内障】 人気ブログランキング【緑内障・白内障】

2017年05月

シャワーを浴びていた時でした。

ふと自分の足元を見たら、
足の甲が土気色になっているんです!

24
 
「なにこれっ!」

なんでこんな色になるのかと、
お風呂から上がってダンナに確認しました。

すると・・・

「それはリンパ液の循環が悪くて、
足に老廃物が滞ってるんだよ」とアッサリ。

「どうすれば・・・」

「普段からウォーキングでもすれば良くなると思うけど、
差しあたって、お風呂で体を洗った時、泡を洗い流す前に
足を揉むようにマッサージしておくといい」

というような指導があり、次の日にやってみたところ、
土気色をしている足の甲が、マッサージしていくほどに、
元の肌色に戻っていくのです。

これは面白い!

視覚的に土気色から肌色に変わっていくのが見えるので、
マッサージの加減も分かるし、完了の目安も分かりやすい!

肩とか腰とかも、こんな風に皮膚の色変化で目安が分かればいいのに・・・


この足が土気色になる現象は、
湯船につかっている時に起きているのではなく、
体が温まった状態で、立っている時に起きます。

※シャワーだけの時でも体が温まってくると起こります。

私の場合は、足の甲だけですが、
酷くなると脚全体の色が変わることもあるとか。


お風呂もただ入るのではなく、
軽く自分の体をチェックする気持ちがあった方が良いんですね。



緑内障改善のサポート(無料講座) 





緑内障改善にも、更年期改善にも必要な栄養素として、
カリウムが浮かび上がってきて以来、
我が家では「おやつ」としてアボガドを食べています。

▼ダンナに「アボガドを食べなさい」と言われた日
カリウム不足で起きていたかもしれない筋肉の痛み


おやつなので、食べたいと思った時に、
アボガドさえあればすぐに作れる「超簡単アボガドグラタン」です。


1)アボガドは縦に包丁を入れて、
 種の周りをクルンと一周して2つに切り分けます。

 種を取り除き、実をスプーンで、一口大の大きさでくり抜いていきます。

11(1)

2)くり抜いた実をボウルに入れ、そこにマヨネーズとコショウを入れて混ぜます。

11(2)

3)2)を皮に詰め込んで、オーブンで10分~15分焼いて完成!

11(3)

※お好みでとろけるチーズを乗せて焼いてもGOOD!


小腹がすいた時にちょうど良い改善レシピです。



緑内障改善のサポート(無料講座) 





ホルモンの働きを調整する効果があるのは
「ビタミンE」と「亜鉛」、そして「大豆イソフラボン」とのこと。

それらが多く含まれる食材群を見て思ったのですが・・・

カリウムを摂って筋肉の痛みを緩和しようと思った時に
調べた食材が多く含まれています。

その中でも私の好きなものと言えば、
「アボカド」「くるみ」です。

ほほう・・・

これはアボカドを食べ続けてみたら良いのではないでしょうか?

私にアボカドを勧めたダンナってすごいかも? 
※本人には伝えませんが・・・ 


自律神経の働きを調整するものとしては、
「ビタミンB1」「ビタミンB12」「ビタミンC」


ホルモンの働きを調整する食材にも、
自律神経の働きを調整する食材にも、
「牡蠣」と「レバー」が入っています。


「アボカド」「くるみ」「牡蠣」「レバー」の
4つの食材は、緑内障を改善する食材を調べた時にも出てきました。

6
 
これを、普段の食事に登場させていけばいいかな?



緑内障改善のサポート(無料講座) 





このページのトップヘ