「緑内障体質」改善マンガ絵日記

欠けた視野は戻らない・・・だけどこれ以上、進行させなければ視力は確保できる!と、闘病中♪

緑内障になったのにはわけがある!
緑内障の進行を止め、目の健康を取り戻す生活を実践中です。
「仕事」「免許」「生活」も諦めません!

緑内障改善のサポート(無料講座)
進行を止める!失明を防ぐための「緑内障の秘密」

にほんブログ村【白内障・緑内障】 人気ブログランキング【緑内障・白内障】

2016年11月

20(1)

と、ダンナが筋力のない私をバカにするので、
「野生になることないよね?」と反論してみたところ・・・

20(2)

と、ひとしきりキレ気味で嫌味を言い、
嫌味を言いきって満足したところで指導が入りました。


20(3)

20(4)

20(5)

そして、最初に右手が上だったなら、
今度は左手を上にして繋ぎ、
同じように引っ張る様にとのこと

筋肉がない私にとって、
左右に引っ張るという動き自体が慣れない感じです。

これを一日に左右15回ずつ(計30回)行うようにとのことですが・・・

20(6)

「ちなみにこの筋トレは、自分の力以上の負荷をかけないから、
筋肉を傷めずに鍛えていくことができる方法なので有り難く取組むように」と、
(恩着せがましく)教えてくれました。

二の腕と肩の筋肉を鍛えられるそうです。



緑内障改善のサポート(無料講座) 





日頃の生活習慣の悪さから、
そこを変えていくことで、
「緑内障の進行を緩やかに止めていくことが可能」
ダンナは判断しました。

あくまでもダンナの判断です!

16(1)

筋肉が足りないという事は
血液やリンパ液を体中に回すことができないということだそうです。

体を動かす時に筋肉が動き、
その収縮で血液やリンパ液が行きわたるそうな。

心臓から押し出すだけでは足りないんですね。

そして目は細かな造作なので、
その内部にしっかり行きわたる様にするには、
体中の筋肉がそれなりについていて、
しかも出来るだけ動いていたらいいとのこと。

16 (2)


そんなわけで、筋トレをする事になったのですが・・・

16(4)

そう、基礎的な筋力がないと、
腹筋もできないし、腕立て伏せも出来ないし、
背筋を鍛えようにも、うつ伏せからどうにもならないのです。

16(3)

とりあえずダンナに報告したものの・・・

16 (5)

小一時間、「自分の嫁」についての嘆きを聞くことになりました。

※嫁とは私の事です・・・



緑内障改善のサポート(無料講座) 





元々、ドライアイがひどく、目にアレルギーもあったので、
少々見えづらいという事があっても、そんなに気になりませんでした。

それが、会社の健康診断で急激に視力が落ちていることが発覚し、
眼科での検査を進められ、その検査で緑内障であることが分かりました。

その衝撃の大きさと言ったら、どう表現していいか・・・

「失明するかもしれない」
「仕事ができなくなるかも?」

頭の中がグルグルしました。

※私の職業はウェブデザイナーです。
 

そしてダンナに報告・・・

ダンナに緑内障を相談してみました1

ダンナに緑内障を相談してみました2

もう少し「言い方があるだろう?」と喉から出かけましたが、
グッとこらえて、現在の状態を説明。


正常眼圧で、視神経の血行が悪いのではないかという見解だったこと、
視野の欠損は30%ほどで、点眼薬をもらったことなど・・・

13(2)

という訳で、悲観している時間も許されず、
半ば強制的に、改善生活を行っていくことになりました。

ええ、生活指導を施してくれるのは、
保健体育のテストが全て100点満点だったダンナです(怒

※とても自慢気です。



緑内障改善のサポート(無料講座)

このページのトップヘ