元々、ドライアイがひどく、目にアレルギーもあったので、
少々見えづらいという事があっても、そんなに気になりませんでした。

それが、会社の健康診断で急激に視力が落ちていることが発覚し、
眼科での検査を進められ、その検査で緑内障であることが分かりました。

その衝撃の大きさと言ったら、どう表現していいか・・・

「失明するかもしれない」
「仕事ができなくなるかも?」

頭の中がグルグルしました。

※私の職業はウェブデザイナーです。
 

そしてダンナに報告・・・

ダンナに緑内障を相談してみました1

ダンナに緑内障を相談してみました2

もう少し「言い方があるだろう?」と喉から出かけましたが、
グッとこらえて、現在の状態を説明。


正常眼圧で、視神経の血行が悪いのではないかという見解だったこと、
視野の欠損は30%ほどで、点眼薬をもらったことなど・・・

13(2)

という訳で、悲観している時間も許されず、
半ば強制的に、改善生活を行っていくことになりました。

ええ、生活指導を施してくれるのは、
保健体育のテストが全て100点満点だったダンナです(怒

※とても自慢気です。



緑内障改善のサポート(無料講座)